FC町田ゼルビア

2015年12月 3日 (木)

今年の集大成が近づいてきました

よれよれカメラおじさんです。
寝込んでました。いつも12/1前後に体調崩します。
(・_・;
ゼルビアの周りもイロイロ始まってました。
念願のPVも市庁舎で開催されるし、街頭でも放映するところがあるなど、まさに町田一丸での戦いになりますね。
まだまだ、町田の人でゼルビアへの興味のある人は少ないと思っていましたから、前回の8600人は嬉しい誤算でした。
いつもなら、慎重論を展開しそうになるのですが、今回、何より安心しているのは鈴木孝司の調子が右肩上がりであるからです。崇文と合わせて、大分には脅威となるでしょう。だからこそ、他のメンバーが大事になります。ポジション取り、顔出し、中盤の支配、制空権の確保など一部の隙も与えずに戦ってください。
前の試合では、先制されるという事態を招きました。なかなか対処の難しいセットプレーによる失点ですが、そもそもセットプレーの要因をつくっていることに着目するとともに、大分の怖さを実感できていると思います。
油断なく、大胆に戦って下さい。

石垣島も大分もおじさんが行けない時に女神が笑うんだよね。(前回のJ2の時は高崎も野津田も行ったけどね)
大人しくなくスカパーで観戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

前半リードで終了

復活のカメラおじさんです
昨日、聖地野津田で開催された大分とのJ2/J3入れ替え戦は、2-1でゼルビアが勝利を納めました。

勿論勝ったことはうれしいのですが、先週の長野で見舞われたショックを引きずるどころか、よく連動したプレイと、鈴木孝司の持ち味をいかした2得点が、見ているもの、撮影としているものを魅了しました。

孝司の気迫は凄まじく、最後の最後までボールを追う姿勢は鬼神のようです。他の選手もライン際で2対1であっても、ボールを失わず、あまつさえ中へ切れ込もうとするプレイとに正直、大分は恐怖さえ感じたかもしれません。それが、多数のカードを受ける要因であったようにおもいます。

観客も今季どころか、クラブ史上最高8629人の動員数となりました。大分サポーターが1200人位来場したとの噂もあるので、ゼルビアがわで7400人余りが集まったことになる。
地道な、集客活動とチームへの期待、関心がこの事実を産んだと思います。

なんにしても、来週勝たなければ何にもならないので、後半戦を戦い抜きましょう。
パブリックビューイングしないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

安心してください。生きてます。

とてつもなく、久しぶりに書きます。
カメラおじさんです。
ええ、生きていました。


長野戦、撮影してました。
ピッチサイドの僕らも、一瞬の間をおいて、選手が喜び出したのを見て、本当に信じてしまいました。スマフォで確認しようと仕掛けましたが、撮影を優先してしまいました。あの時、本気で泣けたんだけどね。ファインダー曇りましたよ。

その後、天国と地獄がたった1分間の間に切り替わりました。

呆然、茫然、ボー然。

言葉になりません。選手がゴール裏に並んで立っているところも撮影したのですが、撮ったことすら自分で覚えていませんでした。

ゼルビアは毎度、最終戦に結果が出るチームなんだなと今回もつくづく思いました。

でもね、本当の結果はこれからの2試合で決まるんですよね。2015のアディショナルタイムが明日から180分始まります。

まず明日の90分。
ゼルビアの撮影としては明日が今年の最後になるので、(大分戦諦め切れない気持ちありますが、、、)気合入れ直します。

機材の準備しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

サボり過ぎました

開幕辺りに一度書いた以来、本人もブログの存在を忘れていました。
最近はフェースブックばかりでした。

今期J3も終了し、また来季に向けて色々準備の時です。
昨夜は、FC町田ゼルビアの2014シーズン街頭終了報告会に取材?(見物?)に行きました。
シバヒロで行われた街頭報告会は今年一番の寒さでしたが、イルミネーション点灯も行い、大勢のサポーターと盛り上がりました。
その後、場所を変えて、2014シーズン終了報告会取材?(忘年会?)二女を連れての参戦です。今季限りでチームを離れる選手もいて、寂しさもあるのですが、このチームは明るいですね。このチームで来期優勝を目指して行きます。
最初は取材で入ったのに、途中から娘と選手の記念写真ばかり撮っていました。(^◇^;)
娘は修行選手、深津選手に久しぶりに会ったのに、ちゃんと名前で呼んでもらえたことに喜んでました。こういうのっていいね。
シーズン中は、同じスタジアムにいても会うことのできない古くからのボランティアさんやフロントスタッフ、元選手の方々と、昔語りができました。土のグランドで公式戦をしていた頃の話は盛り上がりますね。10年ぐらい前の話です。
5年ぶりぐらいで再会した人もおりました。
さて、後は重鎮メンバーに契約更改してもらい、年を越すだけです。
実はあっという間に、来月には新体制発表会になるんですよ。
今のうちに機材のメンテしておかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

2014シーズンがこれから始まります

おひさしぶり杉です

かめらおじさんです。
今日は報道向けのFC町田ゼルビア 新監督就任・新加入選手会見が町田市陸上競技場内で開催されました。おじさんも取材で写真撮影にお邪魔しました。
内容については、オフィシャルおよび町田経済新聞の記事をご覧ください。
ところで、我らが聖地 「野津田」はこんな感じで整備中です。
3月の開幕までしばしの休息中かな?
若い新生ゼルビアとともに待ち遠しい春ですな。
Dsc02642s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

あと、3試合

お久しぶりです。
カメラおじさんです。
FC町田ゼルビアの今シーズンも残るは3試合。
ええ。
結果は既に出てしまっているのですが、
気にせず応援したいと思います。
まあ、考えようですが、JFL最後の昇格チームにはなれなかったのですが、J3最初の優勝ANDJ2昇格チームにはなることができますので、ここは逃さずやって行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

GW

GWもおわり、今日から日常に戻ります。
我らがFC町田ゼルビアは、怒涛の6連勝を決め、
目下2位につけています。
カマタマーレ、パルセイロとの我慢比べ状態ですね。でも、モチベーション的にも、良い位置だと思います。順位を守るより、攻める環境にいる事が、緊張感に持続に良さそうです。
去年の勝てない地獄と比べると、物凄く、精神的に良い状態です。

写真は前回のナイターが自分的に不発でした。
撮影中にモードダイヤルが回ってしまい、低速シャッターになっていることに気づかなかったことが敗因です。今度は、テープとかで固定しなくては。
キャノンさん。ロックをつけておいて欲しかった。

ムスメのINAC多摩川U18は残念ながら、ベスト4には残れなかったものの、シード権の確保はできそうです。早く試合に出られるようになれるとよいですな。

自分は、親父サッカーに久々の参加。
身体の重いこと、重いこと。
それでも、殆どフルに参加しました。
まあ、一生懸命走りましたよ。
関節が緩んでいる足首に軽い捻挫をしながらもね。
もっと動けるように痩せたいな。15kgぐらい痩せたら、きれきれにうごけるかも。

そんなとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

辛勝

カメラおじさんです。
前日とはうってかわり、快晴の中、FC町田ゼルビアのホームゲームが昨日開催されました。
爆弾低気圧の影響で、前回に続き強風に見舞われた野津田。
看板が固定出来ないため、今回は置き看板なしでの開催となりました。
何時もは看板の横に座って撮影しているカメラマンは、看板が無いと違和感があります。
このところ、なっかなか、攻撃が実らないゼルビア。攻めてはいるのだが、相手を崩し切れず、シュートで終わることが少ない。
それでも、深津を中心としたディフェンス陣はいく度のピンチに見舞われながらも、ゴールを割らせない。相澤は現在も無失点を更新中で気を吐いている。後半、30岸田が入った時、流れが変わった。
交代でピッチにはいるや否や、ゴールを目指して、突進し、見事にPKを勝ち取った。
自身によるPKであれだけ取れなかった1点を見事にゲット。千両役者でした。写真もバッチリ撮れました^_^
その後は、追加点を奪うべく守りに入らない攻撃サッカーを続けたゼルビア。この時の勢いが、もっと前半から出ていればもっと勝てるチームになれるのに。やはり、もっと経験と自信が必要なのかもしれない。
つぎはスカッとしたシュートが見たい!撮りたい!
頑張れゼルビア!
夜明けは近い。

記事と写真はこちら
町田経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

寒かったぁ

昨日行われたFC町田ゼルビア対ホンダロックSC戦は、ご存知の通り0-0の引き分けでした。これで4戦戦い、1勝2分1敗、勝ち点5、得失点差2となり、11位になりました。優勝を絶対目標としている事から考えると、かなり、厳しいといえますね。サポーター?の野次も増えてきました。つぎのホームで勝たなければ爆発しそうです。
試合自体は、新造チームとして考えると、そう悪いものではなく、昨年の様な、守備の脆さはなくなり、シッカリと守れるチームになりつつあるかなとおもいました。攻撃面では、これからという感じで、後方でのパス回しなど相変わらずの状況もありました。
ディフェンス、ボランチラインから効果的な縦パスが前線に供給されると、相手のディフェンスラインを押し戻し、有利さが増すかな?と。
全般的にダイレクトな攻撃をもっと増やさないと、老練した守備型チーム相手だと、攻めあぐねます。
今回、レッドカードで一人少ない状態であったことを考えると、良くやったのかなとも思いました。
昨日はすごくさむくて、おまけにカメラも不調で撮影の連続性が保てず四苦八苦。バックアップカメラで、やり過ごしましたが、イマイチ撮影に集中し切れませんでした。
点が入らないと、どんな攻撃シーンを撮影していても、惜しいばっかりでつまらないのも事実。
つぎはスカッとさせて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

2012

すっかり年の瀬です。
ご無沙汰しております。
カメラおじさんです。

野津田の最終戦から様々な思いが交錯し、ブログに記事を上げる事を控えていました。
FC町田ゼルビアのJ2での戦いは終了しました。来期はJFLから再度出直しとなります。
選手の去就もまだ確定していませんが、天皇杯のガンバ戦では秋田効果がハッキリ現れていました。
来期は大いに期待できるものと思います。とはいえ、JFLは楽ではありません。スタートダッシュで上位に定着しないと、選手の怪我やカードなど後で思うように勝ちが拾えない時の貯金が溜まりません。
また、J2で味わったスカウティングの重要性をキチンと対策するべきです。相馬ゼルビアは序盤に連勝したものの、その後勝ちを拾えず、苦労しました。これは相手に研究された事も大きな原因でしょうか。前期と後期で戦術に変化を付けなければまた苦労します。
過去の経験をフル動員して、当たらねば、JFL優勝は難しいでしょう。
でも、町田は経験値は一番高いのです。
J2仕込みのサッカーで圧倒する事もできるのです。
優勝の最有力候補であるのです。
恐れず、おごらず、自信をもって戦いましょう。
取り敢えず、選手の皆さんは、再始動まで、短いお休みをゆっくりして下さい。

でわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧