サッカー

2015年12月 3日 (木)

今年の集大成が近づいてきました

よれよれカメラおじさんです。
寝込んでました。いつも12/1前後に体調崩します。
(・_・;
ゼルビアの周りもイロイロ始まってました。
念願のPVも市庁舎で開催されるし、街頭でも放映するところがあるなど、まさに町田一丸での戦いになりますね。
まだまだ、町田の人でゼルビアへの興味のある人は少ないと思っていましたから、前回の8600人は嬉しい誤算でした。
いつもなら、慎重論を展開しそうになるのですが、今回、何より安心しているのは鈴木孝司の調子が右肩上がりであるからです。崇文と合わせて、大分には脅威となるでしょう。だからこそ、他のメンバーが大事になります。ポジション取り、顔出し、中盤の支配、制空権の確保など一部の隙も与えずに戦ってください。
前の試合では、先制されるという事態を招きました。なかなか対処の難しいセットプレーによる失点ですが、そもそもセットプレーの要因をつくっていることに着目するとともに、大分の怖さを実感できていると思います。
油断なく、大胆に戦って下さい。

石垣島も大分もおじさんが行けない時に女神が笑うんだよね。(前回のJ2の時は高崎も野津田も行ったけどね)
大人しくなくスカパーで観戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

前半リードで終了

復活のカメラおじさんです
昨日、聖地野津田で開催された大分とのJ2/J3入れ替え戦は、2-1でゼルビアが勝利を納めました。

勿論勝ったことはうれしいのですが、先週の長野で見舞われたショックを引きずるどころか、よく連動したプレイと、鈴木孝司の持ち味をいかした2得点が、見ているもの、撮影としているものを魅了しました。

孝司の気迫は凄まじく、最後の最後までボールを追う姿勢は鬼神のようです。他の選手もライン際で2対1であっても、ボールを失わず、あまつさえ中へ切れ込もうとするプレイとに正直、大分は恐怖さえ感じたかもしれません。それが、多数のカードを受ける要因であったようにおもいます。

観客も今季どころか、クラブ史上最高8629人の動員数となりました。大分サポーターが1200人位来場したとの噂もあるので、ゼルビアがわで7400人余りが集まったことになる。
地道な、集客活動とチームへの期待、関心がこの事実を産んだと思います。

なんにしても、来週勝たなければ何にもならないので、後半戦を戦い抜きましょう。
パブリックビューイングしないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

安心してください。生きてます。

とてつもなく、久しぶりに書きます。
カメラおじさんです。
ええ、生きていました。


長野戦、撮影してました。
ピッチサイドの僕らも、一瞬の間をおいて、選手が喜び出したのを見て、本当に信じてしまいました。スマフォで確認しようと仕掛けましたが、撮影を優先してしまいました。あの時、本気で泣けたんだけどね。ファインダー曇りましたよ。

その後、天国と地獄がたった1分間の間に切り替わりました。

呆然、茫然、ボー然。

言葉になりません。選手がゴール裏に並んで立っているところも撮影したのですが、撮ったことすら自分で覚えていませんでした。

ゼルビアは毎度、最終戦に結果が出るチームなんだなと今回もつくづく思いました。

でもね、本当の結果はこれからの2試合で決まるんですよね。2015のアディショナルタイムが明日から180分始まります。

まず明日の90分。
ゼルビアの撮影としては明日が今年の最後になるので、(大分戦諦め切れない気持ちありますが、、、)気合入れ直します。

機材の準備しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

GW

GWもおわり、今日から日常に戻ります。
我らがFC町田ゼルビアは、怒涛の6連勝を決め、
目下2位につけています。
カマタマーレ、パルセイロとの我慢比べ状態ですね。でも、モチベーション的にも、良い位置だと思います。順位を守るより、攻める環境にいる事が、緊張感に持続に良さそうです。
去年の勝てない地獄と比べると、物凄く、精神的に良い状態です。

写真は前回のナイターが自分的に不発でした。
撮影中にモードダイヤルが回ってしまい、低速シャッターになっていることに気づかなかったことが敗因です。今度は、テープとかで固定しなくては。
キャノンさん。ロックをつけておいて欲しかった。

ムスメのINAC多摩川U18は残念ながら、ベスト4には残れなかったものの、シード権の確保はできそうです。早く試合に出られるようになれるとよいですな。

自分は、親父サッカーに久々の参加。
身体の重いこと、重いこと。
それでも、殆どフルに参加しました。
まあ、一生懸命走りましたよ。
関節が緩んでいる足首に軽い捻挫をしながらもね。
もっと動けるように痩せたいな。15kgぐらい痩せたら、きれきれにうごけるかも。

そんなとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

町田魂の下から

明らかにかめらおじさんです。FC町田ゼルビアのホームで行なわれた東京ベルディ戦は、負けはしたものの、一歩一歩チームが成長していっていることを感じた試合でした。
おじさんは今回、ビッグフラッグの下にはじめて入りました。楽しいですな。周りもはしゃいでましたよ。思わずiPHONEでビデオを撮ってしまいました。
勿論、試合も撮影しましたが、スタンドは席が狭くてあれやこれやといつものように、機材を持って行ったものの、結局、OLYMPUS E-3に70-300mmとTAMRON 500mm f8.0だけで撮影してました。不覚にも席の位置がモロに逆光だったので強いゴースト、フレアとの戦いでした。
ピッチサイドの時は撮影場所を考えて撮っていたのに、とほほです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

根性焼き

本日、レーザー光線による外科手術なるものをいたしました。

メスによる簡単な外科手術は経験ありますが、

レーザ光線なる未知の兵器で焼かれるという行為は初めてでした。

レーザープレイ??

じゃあどこを焼いたかといいますと、

左目の網膜です。

実は、年末にフットサルをしていたとき至近距離でけられたボールが間抜けなことに左目を直撃。よく漫画でみかける目の周りを星がちらちら回る現象が起きました。

翌翌日、眼科で診察を受けると「眼底からの出血4箇所」といわれ、年内にもう一度経過を確認しに見せに行くと「網膜に穴、裂ける寸前」といわれました。Σ(゚д゚;)

「サッカーやフッタサルなどを今後も続けるのなら、すぐにレーザーで周りを焼き固めないと、裂けたら網膜はく離します。」といわれました。

観念して、手術を受けることに。。(ρ_;)

で、本日、根性焼きしました。

どんな状況かというと、

瞳孔を薬で全開にし、

ルーペを眼球に押し付け、

強烈なライトを照らされます。

ちょっとしたナチの拷問状態。。。

約100箇所、ちくちくと焼かれました。

でも、耐えられる程度の痛みでしたよ。。

といっても割りと痛みに強いカメラおじさんの場合で、

普通は痛さにビックりして動く人も多いとか。。

おかげでブログネタになりました。

皆さんも眼球でサッカーするのはよしましょうね。。

これから呑みに行きマース。 ←ばか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ゴン

あのゴン中山がジュビロ磐田を戦力外通告になった。

おじさんと3つしか違わない、現役のプロサッカー選手。

日本がはじめてワールドカップに出場したフランス大会で、初めてゴールを唯一入れた漢。

おじさんはゴン中山と三浦カズが大好きである。ついでに川口も大好きである。

彼らは間違いなく、日本にサッカー文化を定着させた功労者だ。

ここぞというときに期待にこたえてくれる「神の降りる」漢たちだ。

気持ちでサッカーをする漢たちだ。

まだ現役を続けると彼はいう。

いいではないか。

すごいではないか。

そんな彼らに気の済むまでがんばってほしい。

わくわくするぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

南北多摩合戦 紅白歌合戦

大変な盛り上がり?を見せ始めている10・17南北多摩合戦。
もちろん参戦します。

家のガレージの扉には、事務所で新しく貰ってきたポスターを今度は2枚貼りました。倍増計画か?

しかし、実はカメラおじさん昨日まで寝込んでいました。 今もヘロヘロですがなにか?
このところ気管支炎になっていて、やっと回復し、子ども達とオヤジサッカーがなんとか出来たところなのに。(>_<)

でもご安心ください。
新型インフルエンザではありません。
ウイルス性胃腸炎らしく、下半身に力が入りません。(*´Д`)=з

よって未だに展示用の写真を選定していません。しかもこの時間にまだ田園都市線の中。今回は、写真提出が出来ないかも。(;_;)
でも、カメラの準備は出来ていますから。参戦だけはなんとしてもします。

あとは仕事が土曜日に食い込まないようにしないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満足を目指して

10/12は町田境川イレブン恒例の親子サッカー大会でした。
朝からオヤジたちは6年生に勝ってやろうと意気込んでいきました。正直いって事前の練習なし、体力なしのオヤジ達ですが、やる気だけは負けていません。

対決ムードバチバチです。
(*^o^)乂(^-^*)

チームから借りた揃いのユニフォームを身につけいざグランドへ。
なにしろポジションも決めていないオヤジ達。いきなり攻め込まれますが、うちのキーパーだけは本物です。絶妙の飛び出しでシュートさせません。
そのうち何度かチャンスが訪れますが、あと一歩体が動かず枠に飛ばせません。

息が上がり、走れない人も(カメラおじさんも)出てきていましたが、誰も交代しようとしません。みんな楽しいのです。

頑張った結果、前半は0-0で折り返しました。\(^_^)/
これって快挙だよね。

後半は1人追加の12人です。
ずるじゃねーよ。

左サイドからドリブルで猛然と駆け上がったものの、なんと軸足のつま先に当たってしまいボールはそのままラインの外へ。φ(.. )

右サイドからのボールを受け、トラップ後のボレーを試みるも、不発。

フリーキックやコーナーキックをおよそ30年ぶりに蹴るも、チャンスを作れず面目ないです。m(_ _)m

当然のように足が止まり、そうこうする間に3点入れられて終了。
負けました。
悔しいですが、楽しかったよなあ。
オヤジ達は満足です。

でも、まだ勝ちを諦めていません。リベンジの機会を考えています。3月までに絶対勝ってやる!
今度は練習しよう。

今度ゼルビアのオヤジサッカーに参加するかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

成長期

昨日、うちのYPが所属する町田の少年サッカーチームの6年生が、他チーム主催の招待大会にて優勝することができました。

決勝戦は先制したものの、追いつかれたままタイムアップとなり、PK戦で見事勝利を得るといった劇的な展開でした。
このチームは、「優勝」というものにとんと縁がなく、過去に一度「優勝」できたことがありましたが、リーグ戦の中で「他力本願」的に転がり込んできたものでした。

自らの力で勝利の歓喜を味わったのは、今回が初めてであり、関係者の感激もひとしおでありました。

サッカーは勝負事。やはり勝たないとつまりません。
これまで気になっていたのは、子ども達は負け慣れの為か、悔しがっているそぶりが見えなかったことです。

子ども達も大人も傷つくのが嫌で「本気じゃないふり」をして、負けても笑っています。


今回、子ども達は6年間かけて大きな糧を得ました。
挫折と失敗を経験出来ていれば、なんとかなります。

やっぱり心から笑いたいよな!
最後に撮った集合写真に成長の証しを焼き付けました。

いいものを見せて貰いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)