« 光はあった | トップページ | 獲らぬ狸のなんとやら。。 »

2009年5月 3日 (日)

よ~し、よし、よし

家族総出でJFL第8節 FC町田ゼルビア VS ホンダFC の「ホーム戦」に参加してきました。

場所は、野津田ではなく、憧れの国立西が丘サッカー場です。今季初のナイター試合。

会社を午後からお休みし中目黒から町田に大急ぎで戻り、雑用を済ませ、学校が終わり、家族がそろったら出発です。電車だと間に合わないので車で向かいました。

もちろん、「ホーム戦」なので、おとーさんだけはピッチサイドでの撮影です。( ̄ー ̄)ニヤリ

あらためてみて、このスタジアムいいですねー。サッカー専用のため、コンパクトで四方をスタンドが囲んでいる構造です。

ピッチの上の選手たちの声が観客に聞こえる距離感での観戦は、野津田ではできない良さです。このためカメラおじさんはいつもより観客からの距離が近く、背後のプレッシャーがきつかったです。特にホンダ側ゴール脇で撮影しているときの居心地の悪さは。。(^-^;

また、あくまで素人の感覚ですが「芝」がすごく良いように思いました。さすが国立!! 芝の上を歩く罪悪感は高かったです。だって歩くところが無いんだもの。。

さて、試合ですがおじさんの気分は上々です。満面の笑みではないですが、納得の笑みです。「強い相手」に「強い」ことは、大事です。

ナイター撮影は、結構大変でした。いくら照明があるとはいえISO1600ではシャッタースピードを稼ぐことができず、SS=1/125なんてときも多く、とてもサッカーのプレイを写しとめることができません。やむなく禁断のISO3200を設定し、f2.8開放で撮れるようにテレコンなどはあきらめました。オリンパスさんにお借りしたE-3には前半は300mmf2.8をつけていたのですが、左腕を傷めていて思うように振り回すことができず、また今回ピッチまでの距離が短いため、引きが無くて扱いきれませんでした。やむなく、後半戦から150mm f2.0を特別にAさんからお借りして撮影することにしましたが、後半戦はゼルビアゴール付近での混戦が多く、あまり利用できる場面がありませんでした。

前半、柳崎が決めたシーンはまさに「執念」そのものでした。

今回、柳崎がシュート体制に入るところから、シュート、キーパーにはじかれこぼれ玉を腹でキープし、ゴールマウスまで体ごと押し込むさまを十数枚にわたる連写で撮れました。ゴールのうれしさとばっちり撮影できたうれしさの両方か、つい大声で「やったっ!!」といってしまいました。カメラマンは応援などの声を出すのはご法度なので、やらかしてしまったわけです。それもホンダ側のゴール脇で。。面目ない。

Mini_img_7380

せっかく撮れているのですが、ブログでは残念ながらJFLの肖像権について確認中のため、配慮して公開を控えています。(昨年までのカメラクラブでの地域リーグ撮影分はオフィシャルから公開許可を内示されているので問題なしです。)

近々オフィシャルに写真を提出する予定ですので、もしかしたら次回の5/10ホーム戦にすきまちポイントのポイントチャージ機の横に貼り出してもらえるかもしれません。興味があったら見てみてください。

今回のヒーロー柳崎選手。いつも写真をとっていると、クールな山腰選手に対し、ものすごく一生懸命な表情が特徴の柳崎選手。今回もいい表情をいただきました。(*^.^*)

今年はカメラクラブへの新規参加者が少ないですね。

宣伝ではないですが、サッカー写真を撮りたい方ならものすごくお勧めします。別に写真がまともに撮れる撮れないは、まったく関係ありません。撮れた写真をあとで批評しあうようなことも無いんです。よって、写真の腕に自信が無くて尻込みしている方は、安心して参加していただけると思うのですが。。

機材もあらかじめお願いしておけばオリンパスさんが「無料」で大変高価な機材をお貸ししてくれます。手ブラでも良いんです。もちろん機材がある場合は、持ち込みも自由なので大変お得ですよ。

なにより、カメラクラブにはっきりいってものすごく特権がありますよ。

いつも関係者入り口から入れますし、選手やスタッフあるいはゲストとも非常に近い距離で接することになります。

ブラザーコーンさんも目の前でインタビューしていましたよ。

しかし、カメラおじさん個人としては、そんなミーハーなことより、選手と同じピッチの上でJへの道を見届けることができる臨場感が一番の特権と思います。

このドラマを一緒に喜び一緒に凹み、一緒に歩める今が一番幸せなときだと思えます。

ちょっと青くさいかな。。

|

« 光はあった | トップページ | 獲らぬ狸のなんとやら。。 »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168014/29348099

この記事へのトラックバック一覧です: よ~し、よし、よし:

« 光はあった | トップページ | 獲らぬ狸のなんとやら。。 »