« 底力 | トップページ | カメラを持って野津田へ »

2009年4月12日 (日)

武蔵野で見つけた光

武蔵野市陸上競技場の外に到着したのは、前半開始10分程度経過した頃。

スタンド席が植木の上からちらっと外から見えたそのとき、大きな歓声と「ゴールッ!!」というアナウンス。

やったか?

あれっ?

でもアゥェーで敵ゴールのときは「ゴールッ!!」というアナウンス歯普通しないよなぁ。

やな予感。。

どちらが入れたのかは外からはわからない。

早いところ中に入らねばと入り口を探す。

やっと中に入り、電光掲示板を見ようとすると、そのようなものは無く、

小さな得点板に確認できたものは

武蔵野 2-0 町田 の表示。

うーん

さっきの歓声は2点目を献上したときのものだったのか。。。

正直な感想としては、今日もこのままずるずるとやられてしまうのではと思った。

アゥェー席に着き、カメラの準備。やっとファインダーをのぞくと、

敵ゴール前で猛攻中。

背番号11番が粘り腰でボールをねじ込んだ!!

Mini_imgp0973

うぉー 2-1    1点返した。さすが主将!!!

あれっ?

シャッターが切れない。

ふぁいんだーのなかには「ERR」の点滅が。。

背面の液晶を見ると電気接点の信号通信が不良と出ています。

決定的な瞬間をふぁいんだーでは追えていたのに、

カメラの問題で撮影失敗。(´;ω;`)ウウ・・・

こういうことって決定的なときに良く起こります。

レンズを付け直したらその後はエラーは出ませんでした。

カメラの調子は戻ったものの、ゼルビアは残念な結果に。。。

でも2-0からすぐにキャプテン酒井が1点もぎ取ったことは大きかった。

長いトンネルの出口の光が見えてきたようにも思いました。

個人的な感想では柳崎選手の頑張りが光っていました。

ボールを奪い取ろうと果敢に攻める酒井選手もフルタイム完全復帰となりました。

徐々に良い材料が出てきました。

次節では、山腰選手やもしかしたら津田選手も戻ってくる可能性がありますので、今度こその結果を期待したいと思います。

とにかく自信を持って、やたらとあせって体力を無駄遣するのではなく、声を出し、敵につけ入れさせない大人のサッカーをしてください。

武蔵野市陸上競技場は「鳴り物」禁止でしたが、ゼルビアサポはすごく声が出ていて、アゥェーなのに相手を圧倒していました。

サポーターは口々に「だんだんゼルビアらしさが出てきた」「次は勝てるでしょう」と言っていました。

誰もあきらめてなどいません。選手も前を見てください。応援席に敵はいませんよ。

たかが 4/34試合 負けただけです。派手なデビューを飾っただけです。

前借分は後できっちり返してしまいましょう。

Go 野津田

Jへの道はどんなに険しくとも見届けます。

|

« 底力 | トップページ | カメラを持って野津田へ »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168014/29078407

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野で見つけた光:

» 4月12日のゼルビア [今日のゼルビア]
ばんがいニュース 未定 サポーターブログから ふぁいんだーのなか: 武蔵野で見つけた光 4連敗も若干の光明、しかし気持ちが伝わらない 柏レイソル&FC町田ゼルビア/ウェブリブログ in 羽田空港|background role その他のブログ・サイトから カズアマタノツヅリ: 2009年JFL... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 12時50分

« 底力 | トップページ | カメラを持って野津田へ »